Les limonades

Bonne degustation !

 




レモネードはいかが?

レモネードといえば
夏のヨーロッパの定番ドリンク。

地域によっては炭酸入りだったり、
ホワイト、ピンクなんかがあったりする。


 

「聞いたことはあるけど
あんまり飲んだことないかも!」

という人が多いのでは?


 

1. レモネードの誕生


 

レモネードがどこで誕生したのか
ご存じだろうか?

 

レモンの原産はインド。

じゃあ、インドから始まったんだ!

って思うでしょう?

意外にも大間違い!

 

実は…エジプトが誕生の地!

 



一番最初にレモネードを作ったのは
「Nasir-i-Khusraw(ナースィル・ホスロー)」
という人物だという。

 

11世紀頃、エジプトで人生を過ごした
というペルシャ人の彼の自伝の中には
レモネードらしき記述が出てくる。

 

その後、12世紀にはレモネードは
売り物として作られ、中近東各地で
広く販売された。

当時のレモネードはレモン汁と水、砂糖で
作られ「qatarmizat(カタールミザ)」と
呼ばれていた。


 


▲エジプトのレモネード




 

へーレモネードですか。
いや喉乾いてきました。


 


日本ではいつ頃から
売れていたか知ってますか?


 


難しいこと聞きますね。
でも…なんとなく19世紀とか?


 

正解です!
日本にレモネードが
伝来したのは1853年に

ペリーが浦和に来航した時だ
と言われています。





 

▲これは19世紀頃の日本です。
当時はこんな感じだった見たいです。
なんだか新鮮で迫力ある風景ですね!by編集者








そういえば、ラムネ知ってますよね?

 


もちろんです!

 

アメリカのレモネードは
炭酸入りで透明なんです。

だから、ラムネは日本人が
レモンを使ってることを知らず、
名前を聞き間違えたことから
生まれたみたいです




 

へー。
たしかに言われてみれば
似てるかもしれないです。

中身は全然違うような
気がしますけどね…




 

ちなみになんですけど
栓を開ける時の「ポン!」って
音でびっくりしたことあります?




 


ちょっと、
バカにしてるんですか?




 

いえいえ、すみません。
実はその「ポン!」って音を
役人が銃声と勘違いして、
刀に手をかけてしまった
という逸話があるんですよ。







 


なんだ。
なるほど、面白い!



 

別にからかったつもりは
ないんですけどね…

さあ!
レモネード一杯飲みませんか?





 


2. レモネードを一杯!
 


▲「Procope(プロコップ)」のカフェ

 

レモネードは商業用ソフトドリンクの
中で最も古い。


1676年、パリにおいて
La Compagnie des Limonadiers 
と呼ばれる業者団体が結成され、
レモネード販売の専売権を
取得した。


業者たちはレモネードを
作りそれをタンクで運び、
カップに注いで販売した。



一説には…

レモネードが飛ぶように売れ、
ビネガー店や食料雑貨店も
「レモネード屋ばかりズルい!
僕らも売りたい!」と言い、
コラボレモネードを作ることを
条件に許可したという話がある。


 

コラボレモネード:

材料は水、砂糖、ハーブ、輪切りレモン、
ビネガー、お米そして、ドライフルーツ。

作り方はシンプル;
材料をすべて瓶に入れ3日間漬ける。

発酵して泡が出てきたらろ過して
冷やせば完成!

 

注意:発酵しすぎるとアルコールが
発生したり腐敗してしまうので
少し表面が濁ったらOK。

 

・豆知識・

17世紀のパリのカフェの定番ドリンク
といえば・・・   コーヒー!
ではなくさっぱりとした
レモネードだったみたい。

当時、コーヒーは貴重品。
なかなか珍しいかったんだとか。
冷たく飲んだり、温かく飲んだりといろんな
楽しみ方あったみたい。

 

お試しあれ!

 



 

 

用意しましたよ!どうぞ、
飲んでみてください。


 


お!
待ってました。




 

今回は水、砂糖、
レモンに加えてローズマリー、
レーズンと玄米を
使って作りました。




 


じゃ、
いただきますね?
ん〜リフレッシュする
味ですね!





 


よかったです。


 


おいしい〜。
でもイタリアぽいイメージも
ありますよね?





 

そうですね。
たしかに1686年に
ルイ14世に選ばれた

正式なレモネード職人は
「PROCOPE(プロコップ)」

というカフェのイタリア人
オーナなんですよ。





 

 


へー。
やっぱりイタリアが
関係していたんですね。





 

このころのパリでは
300以上のレモネードカフェが
あったと言われています。






 


300以上も!




 


レモネードは
元気の源って知ってますか?








3.奇跡のドリンク

 

▲18世紀の船の中の様子。
何か飲ませて治療してるのが分かりますね。
これがレモネードだったとは驚きです!by編集者

 

18世紀、レモネードは
船乗りの健康維持の必需品となった。

保存できるよう粉末状のレモネードを
常備しスプーン一杯分をコップ一杯の
水で溶き飲んでいたそう。

 

海で働く船乗りは保存の悪い
フルーツや野菜を多く摂取する
ことができずビタミンcの不足に
より体が弱り病に侵され死亡する
ことも少なくなかった。


その対策としてレモネードを
常備するようになった。


 

レモネードはビタミンcやクエン酸を
豊富に含み疲労回復にぴったり。

 

船乗りのレモネード

砂糖と粉状のレモンピールを
合わせて粉末レモネードの完成!

 

10対1の割合で水で溶いて召し上がれ。

 

(塩を加えれば熱中症対策レモネードにも)




 


レモネードに
もそんな役目が
あったんですね。




 


でしょう?
日本の夏にも
登場する…えっと


なんでしょう?





 


ほら、すっぱい果物で、
しょっぱくしたり、
甘くしたりして…





 


レモンですか?




 


違いますよ!
スモモみたいな…

あっ、岡本のシンボルです。
たしか…





 


もしかして梅のことですか?





 


あっ!そうです!
それですよ。

仕切り直して…
さっき言いたかったのは
レモネードは
日本の梅ジュース
みたいな感覚なんです。




 

なるほど。




 


レモネードは本当に世界各国で
様々なタイプがあるんです。

ローズウォーターを入れたり、
塩やスパイスをいれたり、
ワインなんかも
入れたりして、
もう自由自在です!






 

・おまけ・

 

フランスの「ブリティッシュ・レモネード」

 

18世紀のフランスでは
「ブリティッシュ・レモネード」
と呼ばれているレモネードが
人気だったんだとか。


 

レシピ

 

ワイン、砂糖、レモン汁と
シナモンなどのスパイスを加えて作る。


 

 


ん?あれ?
ちょっと待ってください。
それってサングリア…
じゃないですか!


 

やっぱり、そう思います?
実は僕そんな感じしてました…
そうですよね。まっまあ、でも
「ブリティッシュ・レモネード」は
あくまでもレモネードですからね!


 

はい。
試しに作ってみようかな…
 

皆さんもご賞味あれ! ?レモネード