りんごフェア


りんごフェア始まります!


一年を通して出回るりんご。
この頃ではスーパーマーケットや八百屋で目にしますね。

そのままフレッシュに食べてたりジュースになったりスイーツにも変身。
万能で人気の果物。

一般的にりんごの旬は秋から冬で知られていますが、品種は多種多様。
フランスでも果物で最も消費されるのが りんご だそう。
さっと袖で拭いて外で歩きながらかじっている人をよく見かけるくらいです。

りんご


さて、今回は「シードルジャム」をご紹介します!

シードル 仏: cidreはりんごをアルコール発酵させて作られた発泡酒。
ノルマンディ地方やブルターニュ地方が有名な産地。
りんご果汁100%で作られるシードルは糖分やガスの添加なく、りんごそのままで作られるお酒。
アルコール度はワインと比べて低い分、ライトな飲み心地が特徴です。

りんごの自然な甘みは様々な食事と合いますね。


シードルジャム

 

シードルジャムにはカルバドスも味のアクセント。

シードルの瑞々しさにカルバドズを加えてちょっとリッチに仕上がっています。
カルヴァドズはノルマンディー地方で作られている蒸留酒。
この地域以外で作られる同様の蒸留酒がカルヴァドズを名乗ることはできないとか。
その他の地域ではアップルブランデーとも呼ばれることも。


カスバドス

芳醇な香りが特徴のカルバドスが加わったことでよりシードルのりんごの甘みだけではない
奥深さを感じられると思います。

スプーン1杯でお口に含んだ時のこの余韻、これは贅沢!

食べ方はアレンジ自由。
パンに塗っていただくのはもちろん。
酸味の少し効いたハード系のパンにもよく合います。

ヨーグルトと合わせて、朝から芳醇な香りが楽しめますね。

フランス流にチーズにほんの少しのシードルジャムを添えることでチーズのまろやかさが引き立ちます。
ここではカマンベールがおすすめです。


 

ジャムと言ってもジュレ(ゼリー)のようなテクスチャー。
冷やすとクラッシュした食感。常温ではとろりとした食感になります。

紅茶に入れるとりんご香るフルーツティー風になります。

お料理ではポークソテーしたフライパンにスプーン1杯のシードルジャムを入れて焼き汁と合わせると
簡単ソースができます。

ご購入シードル

今ならちょっとお得プライスになっています!